2006年05月31日

十四番目の月がいちばん好き。

遠くから、近くから、「おめでとう」をくれたみんなに、どうもありがとう。

あたらしい一年を、楽しまなくては。

おとなりの庭では、パジャマ姿でおばあちゃんが暴風からお花を守っている。

〜〜〜

鳥の声真似。
土曜の夜、ジンバブエ音楽を聴きにいく。みんなで合唱。

バッタもん? 休日。
左:誕生日前日は旧友とデート。いいお天気。ボートに乗って虫を満喫。
右:公園でお弁当&お昼寝。
ブーを目指して。 Merci!
左:ずーっと欲しかったウクレレ(しかも赤!)をウチのみんなからいただく。感動。
右:手作りカード。笑
something new. あまえんぼ。
左:昨日は友人の友人がオープンしたカフェ(ペイントスタジオ+コーシー的な)でまったり。雰囲気は最高。カンタベリー在住の皆、Palace Stのコーナーです。
右:そこの犬。シェーディ。9歳・雌。


posted by S at 16:26| ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

I ended up where I started.

もういくよ
ここまでこれたんだ

もういくよ
ここからどこまでも

誕生花(実は雑草)
(c)195
posted by S at 04:05| ロンドン ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

There are better things to talk about.

本当に、オンタイムで卒業できなくなったようだ。
ようだ、って他人事だけど、どうしても「うおーっ」となれず。何故。
続きー。
posted by S at 02:36| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

覚えているよりも想いでは果てしなくありそうで。

嘘みたいに柔らかい天気雨がキラキラと降っている。
posted by S at 02:53| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

明日に頼らず暮らせればいい。

終わりました。英国学生生活。
しばらくはモラトリアムを満喫する予定ですが、現実的には私の学生証は3週間でvoid。
あーーー終わっちゃったんだなぁ!

就活マニュアルに良くあるような「一生懸命打ち込んだコト」なんて正直ひとっつもなかったけれど、そんなものいらない。
同じところをずっとぐるぐるぐるぐるしているだけだとしても、
私の毎日は、私が此処にいるというだけで動いている。
私の毎日は、私が此処でほんのすこし笑えれば、それで肯定される。
ほらね。

〜〜〜
テスト明けの朝から、バイトが始まっております。
昨日は、恒例の"Eurovision Night"。去年より、質が悪かったけど、それでも笑わせてもらった。今年は各国ヨーロッパ人が集まって、それもまた一興。
最後の勢ぞろい。
posted by S at 16:10| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

だってこんな愛しいコはいない。

トランスフォーマーPV視聴。

恋。笑
posted by S at 18:46| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

I just have to hear those sweet words.

ひとつ残らず君を悲しませないものを
君の世界のすべてにすればいい

そして僕は途方に暮れる
ゆらり。

コレ、銀色夏生だったんだ。
初めて(失礼)感心した。
posted by S at 19:14| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

And you are mine at last.

卒業間近にして最近つくづく思うのは、"学ぶ"ということは、"モノの見方"を育てる、ってことなんだな、ということ。

「政治・国際関係学を勉強してる」というと、大抵のひとは反射的に「凄いね〜(orへぇ〜〜)」と返してくれる。けれど、そのことばには「そんなのナニが面白いの?」という含みがありありと感じられることが殆ど。それが、いけないとかそういうことではなくて、本当に別にたのしいものでもないし、私自身も「なんで択んだんだろう」と何度も思ったから、それがふつうの反応なのだろうと思う。

確かに、不思議な学問なのだ。
政治家になる人は、まず政治なんて学ばない。経済学、ビジネス、法律辺りが主流だ。政策の方法を直接学ぶ様な実践的なものでもない。芸術関係の学問のように、自分の感性や人生を豊かにするものでもない。違う国のことばを学べるわけでもない。バリバリ理系のように、何かを発明したり、白黒はっきりつけるものでもない。人間と思想(哲学)と希望にルーツを持つものの、そこに戻っていくわけでもなく、いつも文系理系の狭間でうろうろしている様な学問。
(そもそも、実用的、社会的な"手段"である政治というものが、思想を含んで"学問"のひとつのジャンルとして今まで生き延びてきたということ自体、根本的に矛盾していると思う)

現代に政治・国際関係学を学ぶということは、"政治とは何か“ということに答えることと同義ではない。もちろん、それは避けて通れないものなのだけれど、社会科学における政治学というものは、人間(国、世界、政府)の行動を分析して、そこから何かしらの説明を導き出すものであって、政治とはどうあるべきか、というのは唯のベースで、それだけを話すだけでは足らない。
「あの国の戦争で死んでいく人たちをどう助ける?(or放っておく?)」
「今度の選挙の投票率をあげるには?」
これらは、"人道的(非人道的)信念"や"民主主義"から生まれる疑問・課題だけれど、この関係性を説明して、一番良いと思われる答えを導き出して、実行するには、ヒューマニズムだけでも、サイエンスだけでも無理なのだ。だから、政治学なのだ。

長くなってしまったけれど、何を書こうと思ったかというと、私がこの三年間学んできたのは「これなんだろう?」に対する答えではなくて「これどうしよう?」にぶつかった時に、どんな角度からどう捉えるか、ということだったんだ、ということ。どこに立って、どんな風に理解するか。どんな風に、ナニとナニが繋がっているか。またはぶつかっているか。そういうことを"見る"方法を身につけるための三年だったんだ。テスト勉強をしながら、コレがどんどんクリアーになってきた。

政治学者にしてみれば、こんなこと"基本のキ"なんだろう。みんなわかってるんだろう。一年生のはじめに、納得しておくべきことだったんだろう。
でも私は三年かけて、少なくともコレだけ確認できただけで、今ちょっとだけ満足してしまっている。
ひそひそ。
posted by S at 17:58| ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

キミを捨てる神と拾う神。

ちいさなことにいらいらすることが増えた。
周りに勝手な期待をして、勝手に失望することも増えた。
くだらないことは、意外と、多くなっていく。

今も、チクリと痛んだこころのまま、あの唄を聴きながら、アナタのことを想いました。いつもより、せつない涙がじわっときました。

アナタは23年目の日々を歩き出していて、ワタシはまた少しあとからそれを追いかける。
11年目の追いかけっこ。

"十字路に出くわすたび 迷いもするだろうけど"

この"けど"は、いつでもアナタに向かっている。
それを確信できるワタシは、許されているワタシは、誰よりもしあわせものだ。
だから、あしたもがんばるよ。"チクリ"なんて、なんてことないよ。

11年前の5月の終わりに、アナタがくれた手紙を、今も覚えています。
そしてワタシは今年も飽くことなく思います。

「生まれてきてくれて、私を見つけてくれて、ありがとう。」

待っててね。
posted by S at 06:48| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

What a wonderful world.

昨日、うちの大学の近所の高校に、日の丸が高々と揚げられてた。
すっかりと晴れたイギリスの青い空にと緑の中に、アレがあるのは何ともシュールでした。
posted by S at 20:04| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

This is my final fit.

Thomたちに、会ってきましたよ。
菜の花。

追記。
posted by S at 18:45| ロンドン | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。