2006年11月25日

What am I to you?

スーパーに並ぶ品物の、賞味期限をみると安心する。
そこまでは、未来が約束されている、そう思える。

何かに似合いたい。そう思うことは悲しいのことなのかな。

あの子は何でも持ってる。
これ以上幸せになって欲しくない。
私は幸せになりたい。

これ以上何も欲しくない。
何もかも要らない。放り出したい。
それでも私は幸せになりたい。

IMG_7144.JPG

いつぞやに書いたことば。
今の私もそう思ってるのかな。
posted by S at 23:19| ロンドン ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

ぼくはキミじゃないから。

世界バレーを観ている。
今頃になってやっとスポーツマンのカッコよさを理解するようになる。
品川似の人とか、山本とか、普通にカッコいいもんなぁ。

とはいっても、何かに秀でていれば目に見えて輝くのは当然のことで、
そうじゃない人の中に、何か面白いトコを発見したりするほうが
実際はたのしかったりするのだけど。

どこかのB級なOL系雑誌で、30代の作家が
「最近ごく普通の男の子が気になる」
って言っていた。まさにそんなかんじ。
他人と違うことをしたり、何か得意なことがあったり、
そんなのはあまりに明瞭でシンプルでつまらない。
自らひけらかすのでもなく、俺はこうなんだ!って声高に叫ばなくても、
勝手に気づいてもらえればいいや、くらいで生きている人が
一番良いのかも。

それにしてもバレーは面白いなぁ(見るだけ)。
スポーツって、きっと自分がどちら側に立つか、が分かっているから
みんな好きなんだろうな。とってもシンプル。
高校時代のクラスマッチの男子の勇姿をちらりと思い出した。
posted by S at 20:04| ロンドン | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

帰り道口ずさむのはどんなうた?

いろんな東京。
 
くじらも。 再開発目前。 朝の下町。
ビルビル。 挟まれて。 国立博物館。
posted by S at 23:38| ロンドン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。