2007年02月25日

頼りないこの足取りで。

福永武彦の「忘却の河」読了。
彼の長編を読んだのは初めてだったけれども、とても良かった。
(やはり親子だなあ、と思ってしまうのは偏見か。)
フランス文学をやっている人、というのが丸出しだったのもなんだか微笑ましくてよかった。

でもあなたはわたしのことを決して忘れないわね。
僕は決して忘れないよ、と彼は言った。
僕は決して忘れないよ、と私は言った。


こんな他愛もない、ありがちなフレーズがずしんと響く。
そう、何度でも何度でも私たちは繰り返し同じ約束をする。
出来っこないことを約束する。
記憶はやがて風化して、美化されて、崩されて、再構築、
忘れられてしまうのに、それでも「忘れない」と心は誓う。
私はそれを美しく、悲しく、そして人間臭くて愛しく思う。
忘却の河に捨てる過去、しがみついていたくても此処にはなく、
また永遠に逃れられることもない。

私は昔から必要以上にセンチメンタルでノスタルジックな気持ちが好きだった。
暇さえあれば、後ろを振り返るか空想するか。
それでも、最近はいろいろなことが身の上に降ってきて、
今現在を見つめて、先を思って選択を急ぐ事ばかりで、
振り返ることを忘れていた。

金曜日、神楽坂のVELOCEでアイスコーヒーを呑みながら、
「忘却の河」を読んでいたとき、
まるで本のテーマや自分の受け止め方とシンクロするように、
懐かしいあの人の匂いを見つけた。
目頭は一瞬で熱くなる、涙がこぼれそうになる。
隣のおばさんがジャムサンドを食べる姿すらせつなく想う。
それで、自分が振り返ることを忘れていたことに気づいたのだ。

振り返るのは、心に時間にゆとりがあるから?
きっとそうだろう。
余裕のない、にんじんを追いかける私は、一番落ち着く場所を失いつつあったのかもしれない。
それとも、必要ないと、忘却の河に投げ捨てたのだろうか。

ワタシ。
posted by S at 01:52| ロンドン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

キミを待ちくたびれているのさベイべー。

アイ・ラブ・神楽坂!笑
富士子に対して・・?

そしておばあちゃんから届けられた素敵な箱。
ありがとう。
ベイべーたち。
posted by S at 19:09| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その愚かさこそが何よりの宝物。

アントワネットな一日を目論み、有楽町へ。
ガーリーな一日を堪能。

パリで逃したサダハル・アオキと遂にご対面!!
素敵だった〜〜。

街はいつの間にやらバレンタイン一色。
赤とか、ピンクとか、バーバパパとかね。

ダダダダーン! せぼん。
posted by S at 08:52| ロンドン ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

Love will get you in the end.

my life is changing at so high pace now.
now i don't know how to plan my future, even the coming weekend.
posted by S at 23:56| ロンドン 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。