2007年03月12日

きみの事をうたうリフレインはずっと。

ただ重なったことが 目の前を塗り潰しやがる
何も持っていないわけではない
這って逃げるのもありか

きみの手を握った 指先で

何度も奏でて 色褪せて
悲しい程 繰り返そう
何も変わらなくたっていい このままでいられる様
ここに突っ立ってるよ

くだらない言訳は 人通りの中に埋もれた
腹を割って話すべき事や 迷っている事のすべて
無理矢理 噛み殺して
それでさえ

どうして誰もが急ぎ足で その次を欲しがるんだろう
ここに居てはいけないかな
許されない事だろうか
矛盾はわかっている

指先を伝わって 今さら感じていた

何度も忘れて
思い出して
卑しい程 繰り返そう
何も変わらなくたっていい
このままでいられる様

誰がそれを笑えるだろう
笑われてかまわない
きみの声が ぬくもりが
それだけが消えない様

ここで突っ立っていよう
             (c)2007 GRAPEVINE
posted by S at 10:02| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。